フルーツショップたにうち

やおやのたにうち

 

『たにうち』は、2014年5月に山の手に移転オープンしました。
 

新しい形のやおや

2014年、『新しい企画の青果店をオープンしたい』と谷内店長から相談がありました。
私は、毎日我が家で作っているスムージーを提案しましたが、すんなりとOK!をいただき、返って責任を感じてしまいました。
それからは、甘味料や氷を入れず、素材の味を大事にしたスムージー作りに悪戦苦闘の日々が続きました。
メニューも最初は、4種類ほどでしたが、今では、20種類まで増えました。

経験は宝物です

谷内店長は、個人の八百屋さんを40年ちかく経営してきました。
たまにイラつくほど繊細で丁寧にフルーツギフトを作ります。
週末は、四十九日や三回忌などの法事の果物のご注文が多く、お盆や年末、父の日、母の日などのイベントには、集中して注文が入ります。
そのような時でも、時間をかけて詰め合わせるので、周りのスタッフもハラハラ、ドキドキ・・・。
でも、仕事ぶりは、見えなくても伝わるものです。お客様の信頼をいただき、フルーツギフトとスムージーは、お店の看板商品になりました。

会えないからこそ
昨年は、コロナで大変な一年でした。生活も大きく変わりました。
大切な人に会えない日々が続きました。会えないから・・・と、フルーツギフトを送るお客様が増えました。
贈った方は『すごく喜んでもらえた』と言ってくださり、贈られた方からは『感動した。花飾りも嬉しかった』とご連絡いただき、私たちの方こそ、お客様からHAPPYを沢山いただきました。


メッセージが伝わるギフト
それは、単に高級果物を詰め合わせるだけでは足りません。まるで、果物と会話してる?って位、丁寧に彩りよく詰め合わせる技術があるから、お客様の感動も大きいのだと、8年間の軌跡を見てきて実感します。